恵比寿駅から徒歩1分のインプラント治療

インプラント専門歯科案内

歯科医院・アクセス

メッセージ

メッセージ

常に対応できる能力を磨くことが
歯科医としての義務だと考えます。

歯科医、とくにインプラントの専門家は、最終形のイメージを持つことが大切です。
そして、そのイメージを現実の形にするためには
「この位置に、こういう歯を作りたい」という発想力、
インプラントをどこに埋入し(始点)、アバットメントとの接合部分を
どこに持っていくか(終点)という空間認知能力などが求められます。
また、優秀な技工士さんとのコミュニケーション力や、より新しい素材、より品質の良い素材を探す情報収集力も必要でしょう。

しかし、もっと重要なものがあります。それは「確認」です。手術中、ひとつひとつの作業を確認しながら行うこと、少しでもずれたらすぐに修正できることがなによりも大切なのです。 例えば、ここにボタンひとつで目的地まで行く車があったとします。便利だし、人気も出ることでしょう。しかし、私はそれでも足をブレーキペダルの上に置きながら運転すると思います。実際の運転では道が壊れているかもしれないし、いきなり鹿が出てくることだってあるかもしれないからです。

何故そんな例え話をしたのかというと、最近インプラントの世界では「ガイデッドサージェリー」という技術が流行しているからです。「ガイデッドサージェリー」とはCT撮影データから起こした3Dのテンプレートを口の中に装着してもらいガイドに沿ってドリルで穴をあけるという手術のことです。事前に決められた位置、深さにインプラントが入れられるわけですから、誰が手術しても失敗は少ないといえます。もちろん、こうした技術の進展は大事なことで、私自身「ガイデッドサージェリー」を行いますが、歯科医師としてもっとも大事なことは何が起きても対応できる能力を磨いておくことです。そのためには日頃から自分の頭で考え、一回一回「ガイデッドサージェリー」の作業を確認していくことが大事なのではないかと考えています。

物理学者のニールス・ボーアの言葉に、『専門家とは非常に狭い範囲で、生じうる間違いのすべてを経験した人だ』というものがあります。私は5,000本以上のインプラント埋入経験を持ち、難易度の高いオールオン4の手術も300症例、ザイゴマインプラントも多く手がけていますが、幸いにしてこれまで取り返しの付かないようなミスをしてしまったことは一度もありませんし、数々のトラブルを経験しましたが、解決してきました。また臨床だけでなく、私の開発したインプラントも3種類ほど市販されています。これらは、私が常に「考えながら」手術をしてきたことを意味しています。

また、当院には「2回目に選ばれることの多いクリニック」という特徴があります。つまり、一度他院でインプラントをされた患者様がやり直しに来られることの多いクリニックという意味です。選んでいただけたことはとてもうれしいのですが、最初から当院に来ていただければ……、と思わないでもありません。 イメージを形にできること、一回一回の作業を確認すること、インプラントでお困りの患者様の悩みを解消すること──これらを全てひっくるめて「技術力」というのではないか、と私は考えています。そして、なぜ技術力が必要なのかといえば、それは、「インプラントをできるだけ長持ちさせたいから」なのです。きっちり治す、そして、治した状態をできる限り持続させる、それが専門家としての私のフィロソフィー=哲学です。

恵比寿山田歯科医院 山田清貴

施設紹介

  • インプラント用ドリルインプラント用ドリル
  • 生体情報モニター生体情報モニター
  • インプラント用エンジンインプラント用エンジン
  • 歯科用CT、3D撮影歯科用CT、3D撮影

アクセスマップ

〒150-0013

東京都渋谷区恵比寿1丁目6−8 横溝ビル2F

お電話はこちら

03-6450-4220

03-6450-4220

診療時間
日祝
10:00~19:00

※診療時間は予約制ですので、初診・急患の方は事前にご連絡ください。
※学会等で休診する場合があります。来院の際は必ずご予約ください。

  • 画像
アクセスマップ
 

大きな地図で見る

恵比寿駅西口から 徒歩1分
・JR山手線 恵比寿駅 西口から徒歩1分
・東京メトロ 日比谷線 恵比寿駅から徒歩3分
恵比寿山田歯科医院

〒150-0013

東京都渋谷区恵比寿1丁目6−8 横溝ビル2F

お電話はこちら

03-6450-4220

03-6450-4220

  • 電話をかける
  • 診療時間
  • アクセス
診療時間
日祝
10:00~19:00

※診療時間は予約制ですので、初診・急患の方は事前にご連絡ください。
※学会等で休診する場合があります。来院の際は必ずご予約ください。

院内ニュース

トップへ戻る